【レビュー】中華製スポーツ用Bluetoothイヤホンを購入!音質や耐久性を評価【Joyhouse】

【レビュー】中華製スポーツ用Bluetoothイヤホンを購入!音質や耐久性を評価【Joyhouse】

 痩せるため、イケメンになりたいがため、本格的にジョギングを開始した私。河川敷をジョギングするときにはスマホに有線イヤホンをつないで音楽やラジオを聴いていたのですが、ジョギングに慣れてきて徐々にスピードが出るようになってくると「走っているときにイヤホンが引っ張られて耳から外れる!」ということを何度も経験。何度もというか、5分おきにイヤホンをつけ直すくらいでした。

 そんなときに思ったのが「Bluetoothイヤホン、しかも首にかけられるスポーツ用のイヤホンにしたら便利なんじゃね?」と。そこで今回はAmazonなどで販売されている、安めのスポーツ用Bluetoothイヤホンを購入してみたので、その使用感などをレビューしていきたいと思います!



Joyhouseのスポーツ用Bluetoothイヤホン


 今回購入したのは上記の「Joyhouseのスポーツ用Bluetoothイヤホン」です。いわゆる中華製イヤホン、よくわからないメーカーの商品です。

 Amazonでは商品名が「【APT-Xコーデック & 9.5時間連続再生】Bluetooth イヤホン スポーツ IPX6防水 Hi-Fi 高音質 マグネット搭載 CVC6.0ノイズキャンセリング AAC対応 マイク付き ハンズフリー通話 ブルートゥース イヤホン 防水 両耳ワイヤレス イヤホン スポーツ仕様 Bluetooth ヘッドホン iPhone Android対応 (ブラック)」で登録されています。商品名っていうか商品説明文!昨今のラノベみたいなタイトルの付け方!

 スポーツ用BluetoothイヤホンはAmazonでも多く販売されていますが、2000円~4000円のお手頃価格で売られているのはこういう怪しげな中華製メーカーの商品になります。Amazonのレビュー欄は日本人っぽい本名でのコメントが多数。うん、まさに中華製!

商品スペック、実際の使用感について


 では商品スペックについて、販売ページに記載されている公式情報を元に実際に使用しての感想を交えつつレビューしていきます。購入してから1ヶ月間、ほぼ毎日ジョギングで使用してのレビューとなります。

Bluetoothの接続具合は?音質は?

【高音質AAC & APT-X対応】BluetoothイヤホンはBluetooth4.2を採用、Bluetooth搭載全てのデバイスに対応。aptX/AACに対応し、通常のBluetoothより高音質で臨場感溢れるオーディオ再生できるワイヤレスイヤホン。

 Bluetooth4.2ですので現在販売されているスマホであれば確実に対応しています。イヤホンのボタンを長押しして10秒ほどでスマホと接続が完了します。

 接続具合については、住宅街、河川敷、それなりに乗降客数が多い駅周辺、で使用しましたが途切れたりすることはありませんでした。以前使用したことがあるBluetoothイヤホンでは特定の交差点で音が途切れる現象が起きていたのですが、このBluetoothイヤホンではその交差点でも途切れることはありませんでした。Bluetooth接続に関しては問題なし

 音質は「まぁ、それなり。コンビニで売ってる1000円のイヤホンくらい」と言ったところでしょうか。私はジョギング中に音楽やラジオを聴く目的で購入したので、音質に関してはそこまで求めていなかったので合格点です!安っぽいカシャカシャするような軽い音ではなく、かといってすごい重厚感がある音でもなく。

フィット感、落下のしやすさ

人間工学に基づいたフィット感があるカナル型イヤホン。脱落防止のイヤーフックも用意、耳から外れにくい。

 イヤホン部分はこの写真のようなカナル型イヤホンになっています。密閉感はそこまでなく、リラックスして装着できる設計となっています。スポーツ用なので変に密閉感が高すぎると、走っている振動の音が伝わってきて違和感ですからね。

 首にかけられるようになっているため、線の重さがイヤホンにかかって、それで落下してしまうということは一度もありませんでした。有線イヤホンを落下させてはつけ直して、を繰り返していたときのストレスから比べると、スポーツ用Bluetoothイヤホンはまさに天国!イヤホンを気にせず走れると気持ちが良いですね!

バッテリー(電池)の持ち具合

110mAh大容量バッテリー、最大9.5時間連続使用と220時間の待機ができる。

 私は毎日1時間のジョギング(準備や帰宅後も含めればイヤホン使用時間は70分くらい)で、3日毎に充電をしていました。その使用間隔で使用中にバッテリーが切れるということはありませんでした。4時間~5時間は確実にバッテリーが持つ!ということですね。

 充電時間は1時間もかかりません、40分くらいで完了します。


 商品購入時に付属してくるのは充電のケーブルだけなので、コンセントと接続させる上記のようなUSB接続充電器が必要になってきます。

防水性、耐久性について

【IPX6防水のブルートゥース イヤホン】IPX6防水機能で汗や水しぶき、急な雨などからスポーツイヤホンを守りる。スポーツをしながら自在に音楽を楽しめる。

 「IPX6」とメーカーは公表しています。やはりスポーツ用、汗や突然の雨にも対応しなければいけないので防水機能はそれなりに高い評価となっています。ただ中華製イヤホン、私としても「本当かよ?」と思うところがあるので、雨の日は一度も使用したことはありません。汗はよくかきますが、それで1ヶ月は壊れずに使用できているので「汗くらいならば大丈夫な耐水性!」というところでしょうか。

 耐久性については、1ヶ月間ほぼ毎日1時間のジョギングをしても壊れたり異常が出るということはありません。中華製イヤホンですから、初期不良さえなければある程度は安心して使用できると思います。

【技適認証済・安心な12ヶ月保証サポート】 本商品は技適マークを取得し、安心*安全に利用できます。/12ヶ月間の安心保証付いていますので、万が一商品不具合のようでしたら、お気軽にご連絡ください。

 サポートが不安なところはありますが1年の保証サポートがついています。



ハンズフリー通話は使用できるか?

【操作便利+ハンズフリー通話】CVC6.0を利用したノイズキャンセルは雑音除去し、快適な通話を実現できる。ボタンで音量の調節、音楽の再生/停止/曲送り/曲戻し、通話の応答/終了/拒否などは楽に操作できる。

 ハンズフリー通話は可能ですが、音はあまりよろしくないようです。一度使用してみましたが、電話相手から「なんかめっちゃ音がこもって聞こえる」と言われました。友達や家族、仲の良い人相手に使うのであれば良いかもしれませんが、仕事相手や先輩に対して使うのは控えた方が良いと思います。

ジョギング用として実際に使用してみての総評


 というわけで実際に1ヶ月、ジョギング用として使用してみましたが「良い買い物だった!」という評価です。

 まずはジョギング中にイヤホンが落下したり、線が引っ張られて耳にストレスがかかるということが一切ないことが良い!Bluetoothイヤホンの中には、通話用マイクや操作ボタンがイヤホンのすぐ下部分についている、ということが多いのですが、この商品は操作部分が首にかけるところについています。これが良い!せっかくBluetoothイヤホンを使っても、操作ボタンがイヤホンのすぐ下にあると、その操作ボタンの重さで結局は耳にストレスがかかってしまうことがあります。でも、この商品は操作ボタンの重さによるストレスが無い!ジョギングには最適な設計をしています!


  音質もストレスにならない、Bluetooth接続もストレスにならない。この値段のスポーツ用Bluetoothイヤホンであれば100点でしょう!かなりオススメの商品だと思います。これからジョギングを初めてみようかな~?とか、「ジョギングが三日坊主で終わっちゃうかも・・・」と不安な人、高いスポーツ用Bluetoothイヤホンを買うのを躊躇しているのであれば、この安い中華製イヤホンを購入して試してみるというのも良いと思います!

実機レビューカテゴリの最新記事